Enjoy Camp Life111!!

2015年9月 合掌の森中尾キャンプ場(岐阜県)
(5連休のシルバーウィークは温泉三昧のんびり2泊キャンプへ!)

今年の秋分の日からみの大型5連休は待ってましたシルバーウィーク!前半の2日は真優ちゃんのバレエ&ピアノの発表会で2日間バタバタ、後半はキャンプと強行日程となってしまったので、我が家的には珍しいサイトでのんびりキャンプとすることに。SWの中日とは言え渋滞予測は厳しいものだったので朝7時半に自宅を出発し、東海北陸道を北上。運良く渋滞メッカの高鷲ICエリアも3km程の渋滞で突破成功。これは嬉しい。こうなると予定より1時間程早く奥飛騨エリアへ到着だ。人気キャンプ場の奥飛騨温泉郷ACがある道の駅「上宝」でちょっと早めだがランチタイム。

何店かあるのでどこにするか?悩んだが、川魚・山菜・田舎料理の店「いちすけに決定!ママ&菜優ちゃんは蕎麦、真優ちゃんは好物の奥飛騨ラーメン、そしてパパは待ってました「岩魚刺身定食」!おぉ〜久しぶりの岩魚!これが美味い!岩魚の天婦羅もついてきてうどんもあってボリュームも申し分ない。いやぁ〜岩魚ちゃんに万歳だ!岩魚の塩焼きも食べたかったなぁ〜っとパパご機嫌。

ママがどうしても食べたいという事で、食後のデザートかわりに焼き団子をゲット。ひと串に3つあるのでママ&菜優真優ちゃんで1つずつシェア。関東にいる頃良く食した群馬の焼きまんじゅうを思い出すっとママ大満足。ここから今回お世話になる「合掌の森中尾キャンプ場」はあっという間。奥飛騨温泉郷の1番奥のエリアが中尾温泉エリアだ。チェックインは13時からだが12時過ぎに到着。意外と固い管理人さんはまだ早いのでもう少し待ってて・・・っということで12時半にようやくチェックイン。流石に本日は満員御礼状態のようでサイト指定だ。

今回は広葉樹に囲まれたくるみサイトのNo39サイト。ここのサイトは広さにバラツキがあり、テントしか設営できないような狭いサイトもある中、リビングシェル+ランブリ6PROを設営するのに十二分な広さがあってひと安心だ。しかし、ここのワイドな雰囲気いいんだよねぇ〜。夏はくるみサイト、そして来月場内が真っ赤に染まる紅葉シーズン時は日当りが良く電源のある焼岳サイトがお薦めだ。

今年の秋の訪れは早い?例年だと9月末はまだまだ避暑と言う感じで快適だが、今年は最高気温が20℃ちょっと、そして最低気温は10℃を切るかも?という予報。昼間はホント快適だが、夕方にでもなればかなり冷えてきそうだ。菜優真優ちゃん楽しそうに何かやっているが何しているの?実はこのサイトはくるみサイトだが、お隣の栗サイトと同様に頭上から毬栗がいくつも落ちてくる。だから思う存分栗拾いを満喫。おいおい、ものの数分で栗だらけじゃないか。

設営作業済ませると、パパは早速ビールで乾杯!まずはサントリーの限定クラフトセレクトシリーズの「スペシャルビターでスタートだ。「ホップの苦みがしっかりと効きながら、爽やかな香りが特長の味わい。上面発酵酵母を使用して醸造。 北米産の『ビターホップ』を一部使用することでしっかりとした苦みを付与するとともに柑橘系の香りが特長の希少品種『シトラホップ』を一部使用し、爽やかな香りを実現しました。」とのこと。なるほどフルーティーかつ適度な苦味がいいっ。美味い!昼ビールには最適だ。話変わって場内の施設もワイルド感満点。トイレは俗にいうぼっとん式。男女トイレ各々1ヶ所づつしかないのでどのサイトになっても必ずどちらかが遠くなる。炊事場も数は十分だがまさに必要最低限のレベル。でも、このワイルド感たまならいのだ。

1本あけてさっぱりしたら、待ってましたここの最大の売りとも言える「合掌の湯」へ。ここに訪れる方ほぼ全員がこのワイルドな野天風呂がお目当てと言ってもいいだろう。もうかなりの数のキャンプ場訪れた我が家だが、個人的にはキャンプ場にある温泉としては断トツでここだ!っと言い切れる。風向きによって強い硫黄の香りが場内に流れる。菜優真優ちゃんも玉子の臭いのキャンプ場と認識しているほどだ。あぁ〜繰り返すが最高の湯だ。長湯した後は待ってました再び乾杯!続いては同じくクラフトセレクトの「メルツェンだ。「香ばしい麦の香りが特長のカラメル麦芽を一部使用するとともに“贅沢長期熟成製法”を採用することで、まろやかな麦の味わいを実現。またアロマホップ100%使用により心地よい余韻の後口に仕上げています。」とのこと。

おぉ〜先ほどのスペシャルビターに対して苦味がすごく抑えられているが、その分コクがあるというか?しっかりとした味わいだ。う〜ん、これも飲ませる。あぁ〜温泉の後の1本はホント美味い!あぁ〜たまらん。この後はしばしサイトでのんびり。真優ちゃんはハンモックで漫画、菜優ちゃんは拾ってきた栗を題材に写生だ。パパは再度温泉楽しんだ後、ようやく16時半頃炭火の準備に取りかかる。

今宵のディナーは定番のBBQ。もちろん肉はここ岐阜県が誇るブランド牛・飛騨牛だ。うぅ〜この飛騨牛のシールを見るだけでぞくぞくしてくるねぇ〜。今回の食材は全て車で5分程の地元のAコープで調達。流石キャンプ場メッカだけにBBQ用の食材が揃っていていい。ホタテに海老など海鮮ものもあって美味そう!!早速、いただきまーす。

早速、パパは本日3回目の乾杯!今度はサントリーの限定「百人のキセキ 魅惑の黄金エールだ。「お客様と共同で新しいビールを開発するプロジェクト「百人ビール・ラボ」において、当社とのべ17,000名のビール愛好家が開発した世界初のコラボビールです。高アルコールで、しっかりとした飲みごたえがあり、ザーツ産ファインアロマホップの上品で華やかなホップ香と清冽な苦みが特長です。」とのこと。なるほどこちらもバランスの良い苦味がいい感じだ。あぁ〜美味い。もちろん、菜優真優ちゃんのメインとも言える飛騨牛も美味〜い!

パパ&真優ちゃん的には、岐阜県産の牛ホルモンも極旨!あっと言う間に本日分のビール空けてしまったパパは、待ってましたとばかり極旨の芋焼酎「山ねこの出番だ。あぁ〜極旨ホルモンをアテに頂くとよりフルーティさが味わえてたまらない。菜優真優ちゃんもしっかりと飛騨牛頂いて満腹。反してクローズされたスクリーンタープの中だけに、美味しそうな香りが充満してきて大興奮のペキニーズトリオは大騒ぎ〜。
おいおい愛犬たちよ、仕方ないちょっとだけど美味しいお肉ちゃんのお裾分けだ。ドックフードにBBQもの少し混ぜてあげただけで愛犬たちにとっては超贅沢ディナーに変貌だ。食後はもちろん野天風呂へ。実はここの野天風呂は混浴なのだが、一昨年前までは菜優真優ちゃんもパパに付き合って入ってくれていたが、流石に今宵はママと一緒にお隣の女湯へ。だからパパは少し寂しいけど1人で入浴。それでもこの硫黄臭たまらない。源泉が高温のため加水されているが、まさに泉質は最高。

混浴も女湯もワイルド感は申し分ない。気温はかなり下がってきてもう11℃ほどだが、温泉のおかげでポカポカ。サイトに戻れば早速焚火タイムだ。まさに焚火を楽しむには最適な気温と言える。更に湯たんぽかわりに愛犬たちを抱っこすればもう寒さなど関係ない。しばし焚火トークを楽しむ。もちろん、パパは美味しい焼酎・山ねこをたしなんで超ご機嫌。

もう21時過ぎ。就寝前に菜優真優ちゃんは再度温泉へ。しっかり暖まってからシュラフへ。ふく&ロンちゃんが湯たんぽ役として強制連行。温泉は22 時までっということでパパも本日5度目の温泉ですっきり。その後は焚火&焼酎を満喫だ。お相手するのはもちろんパパにぞっこんなくぅーちゃんだ。でも、これだけ温泉満喫できれば最高だ。温泉&焼酎のおかげでポカポカのパパも23時前には就寝。シュラフで寝るには適温?朝まで爆睡だ。


[NEXT PAGE]
(2日目ものんびりキャンプ!近くの平湯大滝散策へ!)


[BACK]
[NEXT CAMP]

[TOP] [CAMP TOP]

 


My Famiry site
「ぼくんち」へ

inserted by FC2 system